英語勉強法のあれこれ

大カテゴリー

目的に応じて勉強法を紹介します。

(1) 英会話
(2) TOEICこちら
(3) 英検こちら
(4) リーディング
   (a) 多読についてはこちら
(5) リスニング
   (a) ジブリ映画を使った勉強法はこちら
(6) 発音はこちら
   (a) シャドーイングはこちら

(1) 英会話

英会話で真っ先に思いつくのが英会話スクールです。
その中でもリアルのものと、オンラインのものがあります。

リアルで有名なのは以下でしょう。


ベリルリッツ

・ベルリッツは、単なる英会話レッスンではなく、ビジネスの本番で高いパフォーマンスを発揮するためのトレーニングを行っている。全世界1万2000社以上、日本では約3000社に及ぶ企業研修の導入実績が強みといえる。スクールでは、目的にあわせてマンツーマンか、少人数(2~3人)レッスンを選ぶことができる。

NOVA

 

・教室の多くが駅前にあることから、「駅前留学」というキャッチコピーを用いている。英語以外にもフランス語・ドイツ語・スペイン語・イタリア語・中国語・韓国語・ポルトガル語の8言語と、日本在住の外国人に向けた日本語、計9言語のレッスンを提供している。教室だけでなく、自宅でテレビ電話(ギンガネット端末)を使いながら勉強出来るシステム(「お茶の間留学」)や、子供英会話「NOVA KIDS」もある。全てのレッスンを母語話者の講師が担当することを特徴としている。現在は全国どこのNOVAでもレッスンを受けることができるどこでも留学のキャッチコピーも浸透しており、その利便性の良さも特徴の一つとしてしばしば登場している。

ECC

 

・英語学習者なら聞いたことがないという人はいないほど、有名な英会話教室ECC外語学院。ECC外語学院では独自のメソッドと柔軟なレッスン体制が整っています。

Gaba

 

・Gaba(ガバ)のレッスンは全てマンツーマンのオーダーメイドレッスン。レッスンの内容もさることながら通いやすさも抜群!自由予約制なので決まった曜日や時間に行く必要が無く、予約さえ入れれば都合に合わせてレッスンを受けることが出来ます。予約もパソコンやスマートフォンに対応しているので手軽にできて便利。スクールは早朝7:00~夜21:55まで開いているので出社前や仕事終わりでもレッスンをすることが出来ます。
駅近くのスクールが多い好立地。オプションの「Lesson Anywhere」を使えばレッスンごとに好きなスクールで受けることもできます。

どこの英会話教室がいいの?

リアルな英会話教室で、コストを抑えたい方はNOVAやECC、お金に余裕があり、専門性の高いビジネス英会話を学びたい方はベリルリッツやGabaでしょう。

比較されることが多いGabaとベルリッツ。全体的なコンセプトとしては、似ている点が多いです。Gabaはマンツーマン専門。それに対してベルリッツにはマンツーマン以外にも、2~3人の少人数クラスがあります。

Gabaもベルリッツも、マンツーマンでは生徒さん一人ひとりにレッスン内容をカスタマイズ。初心者~上級者、日常会話~ビジネス英会話と、レベル・目的・シーン別に教材も豊富です。

講師について、Gabaは「ナチュラル イングリッシュ スピーカー」、ベルリッツは「ネイティブもしくはネイティブと同等の英語力」と定義しています。似ていますよね。

校舎はGabaのほうが多く、全国に散らばっています。一方でベルリッツの校舎は大半が関東と関西にあります。

どのプランを選ぶにしろ、毎日通うのは、会社からの補助がない限り厳しいでしょう。英語は使ってなんぼです。話してなんぼです。英会話教室を1日~2日/週、それ以外を自習にすべきですが、私のお勧めは以下のオンライン英会話です。

オンライン英会話

上記のリアル教室は確かにネイティブの方が講師である場合が多いです。でも、英会話で重要なのは聴く力ではなく、話す力です。聴くだけの英語であれば、映画、Audible、ミュージックを使った自習で十分高めることができます。

オンライン英会話のいいところはなんといってもコストパフォーマンス。以下で料金を紹介しますが、毎日25分、英会話をできて、1万円/月以下で済みます。安さの秘訣はフィリピン人の講師です。「え~、フィリピン人?ネイティブの発音になれないとなまりのある英語になっちゃう」とかいう人がいますが、はっきり言います。ネイティブの発音になるには、帰国子女やお母さんがネイティブでない限り無理です。日本にずっといるラモスやカイヤがなまりがあるのを思い出してください。フィリピン人講師で十分です。

オンラインなのでスカイプが必要です。PCやMacではなく、スマートフォンでも大丈夫。フィリピンのインターネットも年々状況が改善しており、通話の品質はほとんど問題ないですが、向こうで大雨などがふったりすると、安定しないこともありますが、振替のクラスをとれるので安心ください。

オンライン英会話のパイオニアはレアジョブでしょう。

 

料金はこのような感じ。だいたいどこも同じです。

 

私のおすすめはDMM.英会話です。レアジョブは知名度がたかく、予約の競争が高いですが、DMM.comは講師と生徒の数のバランスが取れています。料金はほぼ同じです。

 

そして、DMM.英会話ではネイティブ講師のプランも用意しています。

 

料金は以下の通りで、約3倍です。私はどちらも利用しましたが、ネイティブプランのメリットはあまり感じませんでした。大事なのは継続することです。ネイティブと話すことでモチベーションが上がるならそれでもいいし、対面で話すことが楽しいならリアル店舗に行きましょう。


ビジネス特価型のオンライン英会話ならBizmates

 

月額は毎日25分の受講で1万2000円と少し高めです。同じ業種の先生を選んで、自分の専門周辺の英語力を高めたい方にお勧めです。