シャドーウィング

英語上達の効果が高いことで注目されている「シャドーイング」。

もともとは同時通訳者のための訓練方法として有名でした。もちろん、リスニングやスピーキングの強化など英語学習者にも大変役立ちます。


私のおすすめのシャドーウィング方法を二つご紹介しましょう。

(1) Kindle + オーディオブック

使用するのは

Kindleアプリ

です。まず、Amazon.comにいって勉強したい本を選びましょう。注意したい点は、日本のAmazon.co.jpではなく、アメリカのサイトです。まずはアカウントを作りましょう。住所は適当(適当なホテルをGoogle mapで探しましょう、問題ないことはAmazonのカスタマーサービスで確認しました)で大丈夫です。クレジットカードは日本のでOKです。

*アメリカのサイトでないと、Kindle本とAudible(Audiobook)が連携できません。

 

上の図はロードオブザリングです。Kindle本とAudibleを買いましょう。Audibleはお試しで1クレジットもらえるので、最初はタダです。メンバーシップの更新をオフにするのを忘れないように。仮に忘れてもカスタマーサービスでチャットで間違えた旨を伝えれば、サービスが抜群なので払い戻ししてくれます。

もう一つの注意点が、Audiobookのボタンを押して、下図の青枠のところのようにAudible book: avilableとなっている本を選んでください。これがついていないと

 

 

購入が済んだら、さっそくKindleアプリにAmazon.comのアカウントでログインし、本をダウンロードしましょう。その後、本を開き、下図のように下にある「タップしてダウンロード」をおし、Audiobookの音声をダウンロードしましょう。

AudibleはAmazonが運営(買収したため)しているため、下記Audibleのホームページから購入しても大丈夫です。

 


音声がダウンロード出来たら、再生ボタンを押しましょう。そうすると・・・

上図にあるように今読んでいるところがハッチングされます。もちろん、ページをめくったら、そこから音声が聞こえてきます。

あとは、それに合わせてプロのナレーターに合わせて、マネして読むだけです。リズム、単語と単語のつながり方を自然と身に着けることができます。

もちろん、Audibleのアプリをダウンロードし、さきほどのAmazon.comのアカウントでログインすれば、オーディオブックとしてリスニングできます。

 

(2) Spotifyを利用した勉強法

英会話がうまかったり、発音がいい人は、洋楽のカラオケが得意だったりします。いまはストリーミングサービスのおかげいろんな曲がすぐ聞けたり、歌詞を確認しながら聞けます。

下図はSpotifyの再生画面です。今歌っているところがわかるので、歌を唄うことでシャドーイングができます。これをつづければ、発音がうまくなること間違いなしです。

 

Apple musicでは、どこをうたっているかわかりません。Amazon musicは表示されるのですが、アプリが使いづらいです。なのでSpotifyのプレミアム会員になることをお勧めします。

洋楽が英会話に役立つ理由

理由①:メロディーと一緒に自然と頭に残る。
理由②:日本語とは違う音の幅に耳が慣れる。
理由③:歌は平均3~5分なので、映画よりも気軽に取り組める。
理由④:口を動かす練習に役立つ。

おすすめのアーティスト

①:カーペンターズ(Carpenters)

美しい発音と歌声、聴き取りやすい発音で、1番にお勧めしたいアーティスト。おススメの曲は「Superstar」「A Song for You」など

https://amzn.to/2WdwxEm

 

②:ビートルズ(The Beatles

いわずと知れた世界一有名なバンド。曲も2~3分と短く、歌詞が比較的シンプルでわかりやすいのでおススメです。おススメの曲は「From Me To You」「Let It Be」など。

③:Justin Bieber

古臭い歌はいや、最近の歌がいいという方はJustin Bieberなどどうでしょう。おすすめの曲は「Love Yourself」「Purpose」です。テンポが遅めなので、ついていきやすいでしょう。